No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 215 (Mon)
dayline

Date 2011 ・ 07 ・ 18

図書館戦争転じて、なかぼん戦争

先日近所に新しくレンタルビデオ店(DVDしか借りないけれどビデオ)が開店。
オープニングセールで1本50円という驚異的な安さ。
ここぞとばかりに両手一杯に借りた中で、今夜は『図書館戦争』全5巻を一気に鑑賞。
子供っぽい内容でしたが、まぁ考えさせられる事もありました。
総合的にみれば、見て良かったなというところです。

ところで文章を進める上で、まずは図書館戦争の概略をば。
これは『フリーター 家を買う』や『阪急電車』など著作がTVや映画で実写化されている、わりと売れっ子の作家有川浩さんの同名小説をアニメ化したものです。

あらすじは・・・、
(以下ウィキペディアから転載)物語の舞台は「公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まるため」の検閲が、法律によって認められ、検閲に際しては武力行使さえ許される近未来の日本。検閲から本を守るための組織「図書隊」の奮闘と隊員である主人公の恋愛の行方を描く。

アニメ版では図書隊と検閲機関とのドンパチや、主人公の成長記や恋愛模様が中心となって描かれていて、表現の自由や、表現とはそもそもなんぞや?といった哲学的な内容にまでは及びません。
けれども、これは『設定そのものが面白い系』の作品なので、そこは良しとします。
しかし『設定そのものが面白い系』といっても、ではその設定が突飛なものかと言うと、そうでもない。
例えば中国の文化大革命なんて、表現と言論の自由への検閲行為と武力弾圧が実際に行われたわけです。
それに今でも中国や北朝鮮といった我々の身近な国や、東南アジア、中東やアフリカなど世界中の国々で検閲や言論弾圧は行われています。
もちろん日本でも最近『非実在青少年』という言葉で話題になった東京都青少年育成条例や、教科書検定(一応裁判所判断で合憲)といった表現の自由に対する規制はあります。
まぁとにかく、国家のような権力側による表現の自由に対する規制は、僕らの生きる世界のそこら中に溢れかえっています。

ところで、今回この記事を書くにあたって、僕はこんな事を考えました。
『久々に書くブログで、こんな固い内容で良いのだろうか?しかもオチが浮かばないし・・・。もっとユーモアがあったり、ロマンチックであったり、読み易いものが書くべきではないだろうか?』と。
そこではたと気づく。
『あぁ、これ自己検閲だ。』と。

検閲とは本来、他者が表現者に対して、殊に権力側が表現内容の規制の為に行う行為です。
しかし、人は時に自分自身に対してもそれを行ってしまいます。
そしてその行為の源泉となるのが、他者におもねる気持ちや、臆病さといった、弱い心です。

身近な例え話をしましょう。
友達や恋人に、言われた本人は相当なダメージを受けるだろうけれど、きちんと忠告してあげなければいけない事がある。
けれど結局は言えなかった。

こんな事が、皆さんも一度くらいは経験があるんではないでしょうか。
これは自己検閲が働いた結果です。
そしてここでのポイントは、『言わなかった』でのはなく、『言えなかった』という部分です。

『言わない』、別の表現をすれば、沈黙。
沈黙とは、それ自体が表現と考える事もできます。(あだち充は沈黙を使ったコマ割りが上手ですね。)
それに対して、『言えない』は黙殺。
自分の心の言葉への黙殺なんですね。

このように、自己検閲とは芸術やジャーナリズムといった『いわゆる表現活動』だけではなく、日常の一コマにも入り込んでくるものです。
そしてそれを続けていると、いつの間にやら自分で自分の心の自由を奪ってしまう事になります。
そんな悲しい事って、ありませんよね。
では、どうすればいいのか。
その答えは、推敲です。

すい‐こう【推敲】
〘名〙スル》詩文の字句や文章を十分に吟味して練りなおすこと。「―を重ねる」「何度も―する」

以上MAC標準搭載の辞書より抜粋

推敲とは表現行為を、より良くする為のもの。
より良いとは、刺激的にする、趣を与える、理解し易くする、思いやりを加える、方向性は何でも良いのですが、とにかく自ら表現したい内容を、的確に他者に伝える為の修練であり、まさに人類の英知のひとつだと僕は思っています。
だって、厳しい一言でも、推敲を重ねて相手に上手に伝えられれば、問題も解決するし、心のモヤモヤのスッキリとして、恋人であれば更なるラブラブに、友達であれば更なる深い友情が結べ、場合によっては敵との和解まで出来る訳ですから。
推敲バンザ~イ!

まぁそんな事を考えたので、僕も何度かの推敲を繰り返して、初期衝動を自己検閲に屈することなく、なんとか記事の体裁にあつらえてみた訳です。

これで僕の心も、またひとつ自由に近づいたのでした。
めでたし、めでたし。

スポンサーサイト

スレッド:モノの見方、考え方。 // ジャンル:心と身体

徒然日記 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 212 (Sat)
dayline

Date 2011 ・ 01 ・ 29

スリランカ初体験物語

スリランカは形は違えど日本と同じ島国なので、真ん中は大体が山で、外側は全て海となります。
今回は言葉少なに、写真で語る事とします。

今回の出張は、主にスリランカの南西部の海岸沿いを転々としていました。
この島国が面しているのは、インド洋。
まずは以前の首都で、現在も最も発展している都市であるコロンボ(警部とは関係ありません)の海岸線。
コロンボにおける海君は、とってもロックンロールです。
スリランカ海3

しかし、その心はとても透き通っています。
スリランカ海4


さてさて、南西部の海岸と言えば当然『夕日』ですよね。
今回も当然、眺めに行ってきました。
ところで各国旅をする中で不思議に感じることがあります。
文化圏によって審美眼は様々なはずなのに、どこに行こうとも、人々は皆、夕日に魅せられている。
当たり前の事のように思えますが、ではそれを踏まえて『美とはなにか?』なんて考え始めると途方もない思考の旅が始まります。
全人類共通に美しいと思うならば、それは本能的な感覚に由来していると思えます。
本能的感覚、要するに生物的感覚。
ということは、人間以外の動物も夕日を美しいと感じるのでしょうか?
いや、それはないような・・・。
そもそも美という感覚は人間固有の・・・エトセトラ。
などと切りがなくなるので、とりあえず夕日を求める人々。
スリランカ海1

スリランカ海2


ところで今回の旅では、山の中にも行ってきました。
そこではいくつかの人生初体験の感動的な出来事が起こりました。

体験その1
早朝に猿のノックで目を覚ます。
スリランカ猿
ベランダ側の窓をノック・・・と言うより打撃。
可愛いなんて思って窓を開けると、大変な事になるそうです。
というか、鍵をかけておかないと、勝手に開けて入ってくるそうです。


体験その2
鷹を見る。
スリランカ鷹
いままで写真や動物園で見た事はありましたが、自由に空を飛び交うその姿は、空の王者と言わしめた事が納得出来る、雄大なものでした。
単純に格好良い。
憧れました。


体験その3
サービスチャージ
スリランカ煙草
海外のホテルやレストランでは、ちょくちょくサービスチャージというものに出くわします。
それはそれでいいのです。
サービスに対してチップを払うのだって惜しくはありません。
でもさ、いくら外界から隔離されたホテル(車で10分程度ですが)だからって、煙草にサービスチャージを着けるなんて、あんまりだ!
お皿なんかに乗せず、むしろ投げてよこしてもいいから、それは勘弁して欲しかった。
ちなみに町中で買うと400ルピーの煙草が、何故か500ルピー。(確かタクシーの運転手が煙草は日本と同じく固定価格だと言っていたような記憶が・・・。)
そこにサービスチャージが150ルピー。
結局250ルピーの上乗せ。
定価の半額以上です。
この日初めて、僕はジャングルの恐ろしさと言うものを知りました。

そんなこんなで、ここにも書いていないような事を含め、波瀾万丈なスリランカ3週間の旅も今日で終わりです。
本当はあと一週間くらい、南部のリゾートビーチでゆっくりとしたいのですが、まぁ何事も腹八分目が宜しいと。

それでは皆さん、日本で僕に会っても、くれぐれも黒過ぎる事に驚かれぬよう、ご用心ください。
徒然日記 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 211 (Mon)
dayline

Date 2011 ・ 01 ・ 24

明け過ぎて・・・

皆様、明けます、明けまして、明けました、おめでとうございました。
もはや年頭の挨拶など無粋の極みといった時期ですが、まぁご勘弁ください。

突然ですが、僕は今スリランカに来ています。
スリランカとはインドの南に浮かぶ常夏の島。
かつてはセイロンと呼ばれた国です。
日本では最も寒い時期に差し掛かっている今、僕は毎日赤道付近の太陽と闘っています。
もちろん日焼けをしていますよ。
現在は22日間という長い旅程の2/3をこなしたところですが、もはや日本人離れした褐色の肌を得ています。
このままいくとあまりの黒さに、帰国時のパスポートコントロールで『日本人』を通過できるのかどうか心配になります。
それは言い過ぎだと思うでしょう。
でもね、『よく日焼けしてますね~。』といったレベルではなく、『ちょっと・・・、大丈夫?』とどん引きされるレベルに差し掛かっているのが事実でして。
帰国後の町中での浮き具合を想像すると、帰るのが少しだけ憂鬱になったりする程です。

とは言いつつも、スリランカはとても素敵な国です。
ちょくちょく停電したり、ちょくちょくお湯が出なくなったり、日差しが強烈すぎたり、異常に凶暴な蟻がいたり、満月の日はお酒が飲めなかったりしますが、それでもそんな欠点を充分に補うだけの魅力ある国なのです。

ではどこが素敵なポイントなのか。
まずは何と言っても、食事です。
南国なので、マンゴー・パイナップル・バナナ・ドリアンといった沢山の新鮮な果物が沢山あるのですが、中でもパパイアの美味しさと言ったらもうたまりません。
パパイアはそれ単体で食べると独特の匂いがあって苦手なのですが、そこにライムを絞ると天国の果物に変身します。
例えばパパイア鈴木がライムのシャワーを浴びると、宮崎葵に変身すると思ってくれればイメージが掴めるかもしれません。
パパイア


そして日本人として嬉しいことがひとつ。
海産物がこれまた異常に美味しい。
例えばこちらでは沿岸部の道を走ると沢山の露天が並び、水揚げしたばかりの魚を売っています。
日本の漁村で見かけるのとはちょっと雰囲気が違い、ロードサイド築地といった感じで、大きいサバとかがゴロゴロしています。
そして場合によっては、それを買ってレストランに持ち込むで食す。
そんな粋なこともできます。
ちなみにこれはサメのステーキ。
予想以上に旨し。
シャークステーキ


そして何よりも食事を美味しくしてくれるものが、その環境です。
1月のスリランカは熱いのは熱いのですが、乾期なので日陰に入れば心地よい風が体をなでてくれます。
そんな所ですから、自然と体は屋外へと向かいます。
僕がスリランカにきて、はや2週間以上。
その間、屋内で食事をしたのはたった1度きりです。
毎日海や、時にはジャングルを眺めながらする食事は、何よりのスパイスとなっています。

では、今日はここらへんで。
時間があれば、またスリランカからその他の魅力をお伝えします。
徒然日記 // コメント(1) // トラックバック(0) // Top

No. 206 (Mon)
dayline

Date 2010 ・ 09 ・ 27

神の領域

もう一度空は飛べるのだろうか?
そう書いたのは4月の事。
『ちょっと忙しくなってきたので、ブログも小休止。』とうたた寝をしていました。
そして目が覚めると9月も末。
玄関のドアを開ければ、秋風の香りが記憶の扉をノックする。
良い季節になりましたね。
皆さん、お元気にしていますか?
僕は魔法の力も、だいぶ戻ってきたようです。
近頃はスイスで拾ったホウキに乗って、空をすいすいと飛んでいます。

ところで飛行機に乗る時、皆さんは窓際の席と通路側の席、どちらが好きですか?
この質問を何人かにしてみたところ、短時間フライトの国内線は窓際、長時間フライトの国際線は通路側という答えが大半でした。
確かに窓際で景色を楽しみたいけれど、国際線は殆ど寝ているか映画を観ているだけだし、何度も訪れるトイレの機会に、いちいち隣りの人に声をかける煩わしさ(寝てる時なんか、本当に申し訳ないですよね。)を思うと、そういう意見も頷けます。
けれど、僕は断固窓際の席を希望します。
理由を文章で説明する前に、まずはこの写真を見てください。

まぁ、この手の景気は飛行写真の定番ですよね。綺麗です。綺麗ですが、国内線でも見る事が出来る世界。
スイス航路3

そしてこれが国際線のみに許される世界。2500フィートで見る夜明け前の世界。夜の闇、無限の青、オレンジの帯が織りなす、夜と朝の狭間の世界。
スイス航路2

太陽が闇を切り裂いて、世界は再び生まれ変わる。本気でそう思える景色。
スイス航路1


たった数分間のこの時の為、皆が寝静まる機内で窓の外に目を凝らしています。
そりゃそうです、寝ている場合じゃありません。
だって、この景色を見る事ができるのは人間と神様だけなんですから。

もしヨーロッパやアメリカといった長距離の国際線に乗る機会があったら、ぜひ挑戦してください。
写真で見る10000倍は感動できます。
なにせ神の世界なんですから。

※写真はクリックすると、少しだけ拡大します。よく見たい方はどうぞ。
徒然日記 // コメント(6) // トラックバック(0) // Top

No. 201 (Thu)
dayline

Date 2010 ・ 04 ・ 15

新世界

僕はアイロンがけが好きです。
最近は滅多にシャツを着ないので、とんとご無沙汰。
でも、たまにやると、やっぱり素敵な儀式です。

ところで、今日はそんな愛すべきアイロンがけに別の顔をみました。

僕の中のアイロンがけとは、『静』の極みに位置する行為です。
ベストな日時は、4月の晴れた日曜日、午後3時。
掃除を済ませた部屋で、緩く流れる時間を噛み締めつつ、干したての洗濯物のシワをご作法に則って丁寧に伸ばす。
一つの様式美を持った、ある種の儀式や芸能と言っても良いようなものです。

しかし、こんなアイロンがけの世界があったとは・・・。


↑何やってるか分かりました?

ではもう一本。



チョ~格好いい!
まさかアイロンがけに、こんな『動』の世界があったとは!
これは『Extreme Ironing』(エクストリーム・アイロニング)というイギリス発祥の競技だそうです。
何を馬鹿な?
僕もそう思い、ちょいと調べてみました。
するとどうでしょう。
世界大会が行われるほどの競技人口がいるようです。
主な競技国は欧米ですが、なんと日本にも競技者はいるようです。
そしてちゃんと日本の競技者団体EIJ(エクストリーム・アイロニング・ジャパン)までもが存在しています。

これです↓文章は長いですが、笑えるので面倒くさがらずに最後まで読んでみてください。
エクストリーム・アイロニング・ジャパンHP

どうしよう。
惹かれる。
だって『そこにシワがあるから。』なんて台詞を聞かされたら・・・。

ちなみにこの競技者は『アイロニスト』と呼ばれます。
四国を白装束で旅する『オヘンローラー』以来の衝撃です。
だって、iron(アイロン)とirony(アイロニー)のかかった英国式駄洒落ですよ。

まずい、このままでは入会してしまう。
誰か僕を止めて下さい!
徒然日記 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top