No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 196 (Fri)
dayline

Date 2010 ・ 02 ・ 26

お~~~い、みんな。輝いてるかい?

夜空を見上げれば、星。
星が光っている。
たまには雲に隠れて見えなくなるけれど、それでも変わらず光る星。

不思議だなと思う。
星はずっと光っているけれど、僕らが目にしているのは何万年も前の光だっていうことに。
僕らに光を届けてくれたその星は、ずっとっずっと昔に消滅してしまっているかもしれない。
それでも僕らの目には、今、すぐそこに輝いているように見える。
光るって凄いな。

そんな事を思ったのは、今日の正午過ぎ。
会社の食堂で、バンクーバーオリンピックのフィギアスケートを見ていた時の事。
キム・ヨナも、浅田真央も、ロシェットも凄かった。
でも僕の心を一番揺すったのは、鈴木明子でした。

演技が終わった瞬間、胸が震えました。
日常の、しかもビビンバ定食を食べた直後にも関わらず、涙を堪えねばならない程に。

結果から見れば、もっと卓越したした選手は沢山いました。
けれど、なんて言えばいいんでしょう・・・。
点数云々ではなく、彼女は全身から『純粋にスケートを滑る事の喜び』が溢れていました。
そして滑走終了の決めポーズの時に表情。
輝く。
凄く月並みな表現ですが、それ以外の言葉が思い浮かびませんでした。

キム・ヨナの今後誰も越えられないのではないかというような高得点演技は、当然皆の記憶に残るでしょう。
僕もそうです。
でも、10年経っても、20年経っても、年億光年経っても、僕は今日の鈴木明子の事は忘れないでしょう。

そしていつか僕も同じように、ただこの時の為だけに生きてきた。
そう言ってももはばからないような、瞬間に辿りつきたい。
兎に角、感動した!

公式動画を見つけたので、リンクを張っておきます。
鈴木明子 → フィギア女子フリー をクリックすると、ノーカットで観られます。
鈴木明子 バンクーバー フリー



スポンサーサイト
徒然日記 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top