No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[209]Not Subject

あたしゃー、料理がヘタですぅ。
でも一生懸命、作ってますけどね(>_<)
だって好きなひとがペロリとたいらげてくれるのは幸せですもんねー♪
04.18(Wed) // 投稿者(えとわーる★) // 編集 // Top

[210]Not Subject

えとわーるさん>
女は料理が出来なきゃ駄目?
NO!
男も料理が出来なきゃ駄目?
NO!
人間として、料理くらい出来なきゃ駄目です。
食は文化なり。
味の問題じゃないさ。
ただの食材を、食べ物に変える。
それが料理だ。
意思の問題だな。
まさに料理は愛情!

ちなみに、俺は作ってもらうのも好き。
作ってあげるのも好き。
そして一緒に作るのが、一番好きだ。
まぁ料理なんて日常的な作業だから、そこまで深くは考えてないけどね。
適当ですな。
04.18(Wed) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/120-35a1c2c5

No. 120 (Wed)
dayline

Date 2007 ・ 04 ・ 18

勝手に四次元ポケット

大人と呼ばれる人間になる為には、色々な条件があります。
責任感、忍耐力、実行力、財力、他にもいろいろとある条件。
これらを満たしてこそ、大人です。
そしてその条件のひとつに、己の欲望をコントロールするというものがあります。

どうやら僕はまだ、大人には成れていないようです。
欲望の赴くまま、誘われるがまま、やってしまいました。

午後6時。
例のごとく、オフィスに『プシュッ!』と缶ビールの開く音が響き渡りました。
写真部の諸先輩方は、大の酒好き。
『隙あらば、斬る!』という武士道ではなく、『隙あらば、飲む!』という立派な飲んべえ道の持ち主ばかりです。
世間では350mlの缶をレギュラー缶、500mlの缶をロング缶と呼びますが、我が部では500mlをレギュラーと呼んでも差し支えない世界が展開しているのです。
その点僕もお酒は好きですが、毎日飲みたいかというと、それほどではありません。
本当です。
けれど楽しい事の誘いは断れない性格でして、「飲もうや!」と言われると、ついつい「いいですね~。」と乗ってしまいます。
という訳で、今日も一杯お付き合いで350mlのプレミアム・モルツをグビグビ。
「さぁ、これ飲んだら帰ろう。」
そう思っていたんです。
しかし、今日はそれだけでは終わりませんでした。
コロンビア出張から帰ってきたA氏は、「ええもんありますよ。飲みましょか、飲みましょか。」とコロンビア産の謎のリキュールを登場させました。
いやはや、まいりました。
ちょいとひと舐めのつもりが、この酒旨いのなんのって。
ロックでガブガブ。
気がつけば、瓶は空。
僕は酔っぱらい。

でも、実はここまでは予想の範疇。
きちんと自制は効いていました。
しかし、その後一人で池袋に行ったのがよくありませんでした。
なぜ人は欲望に身を委ねてしまうのでしょうか?

「は、は、腹減った!」

池袋に行く前に、僕はラーメンを食べたはずです。
そして池袋で10分ほどの野暮用をすまし、気がつくと空腹でした。
なんじゃそりゃ?
ラーメンを完食して、まだ30分しか経っていません。
しかし空腹。
どういうことでしょう?
これはいわゆる痴呆症の一種でしょうか?
それとも、大盛りを頼まなかった罰でしょうか?

「食べたい・・・、米が食べたい。」

「お前は米なしじゃ満足できないんだろ?食べちゃえよ。」と囁く悪魔。
「もう充分じゃないですか。満ち足りる事を知りなさい。」と囁く天使。

もちろん、悪魔の圧勝。
1ラウンド53秒TKO勝ちです。

飲んだ後のラーメンが美味しいのは当たり前。
しかし今日はもうラーメンは食べたので、意外な選択をしてみました。

『インドカレー』
お店の外まで流れ出し、食欲をそそるスパイスの香り。
外はカリッと、中はふんわりとした、焼きたて芳ばしいナン。
やる気のなさそうなインド人が醸し出す、のんびりといいかげんな雰囲気。
感無量でした。
「いや~、腹いっぱい。幸せ幸せ。」と充実感に溢れながら歩く僕の右手には、何故かアイスが・・・。

いや~、世の中不思議なことってあるものですね。
小人?妖怪?悪魔?精霊?座敷童?
誰かが月に一度か二度、知らぬ間に僕の胃袋を、勝手にドラえもんの四次元ポケットにすり換えるんです。
この得体の知れない存在を退治しないかぎり、僕は大人にはなれないのでしょう。
かなりの強敵です。
どうやって戦えばいいのか、見当もつきません。
まいったね、もう27歳なんですが・・・。

あっ、でも悪い事ばかりではありません。
きっと僕の妻になる人は幸せですよ。
料理の作り甲斐は、並々ならぬものでしょう。
なにせ僕の口癖は、「腹減った」と「うめぇ~」ですから。

そこの君、嫁に来ないか?
幸せにします。


↑1読につき1クリックお願いします。
スポンサーサイト

スレッド:不思議な出来事 // ジャンル:

徒然日記 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[209]Not Subject

あたしゃー、料理がヘタですぅ。
でも一生懸命、作ってますけどね(>_<)
だって好きなひとがペロリとたいらげてくれるのは幸せですもんねー♪
04.18(Wed) // 投稿者(えとわーる★) // 編集 // Top

[210]Not Subject

えとわーるさん>
女は料理が出来なきゃ駄目?
NO!
男も料理が出来なきゃ駄目?
NO!
人間として、料理くらい出来なきゃ駄目です。
食は文化なり。
味の問題じゃないさ。
ただの食材を、食べ物に変える。
それが料理だ。
意思の問題だな。
まさに料理は愛情!

ちなみに、俺は作ってもらうのも好き。
作ってあげるのも好き。
そして一緒に作るのが、一番好きだ。
まぁ料理なんて日常的な作業だから、そこまで深くは考えてないけどね。
適当ですな。
04.18(Wed) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

勝手に四次元ポケット のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/120-35a1c2c5