No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[221]Not Subject

まんまるでしたねえ。
満月をまたいつの日か、一緒に見ましょうね。
散り散りになった星達は、仲間求めてさまよってます。

Fly me to the moon
この曲を聞くと涙が出ちゃいます。
いろんな思いが詰まってますから。
05.03(Thu) // 投稿者(えとわーる★) // 編集 // Top

[222]Not Subject

うむ。
また見よう。
でもFly me to the moon は彼氏に歌ってあげるんだよ。
恋の歌だからね。
05.04(Fri) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/124-7fa3d199

No. 124 (Thu)
dayline

Date 2007 ・ 05 ・ 03

Fly me to the moon

夜空にぽっかりと月ひとつ。
まんまるお月様。
彼の地では、三羽のウサギが臼と杵で餅をペッタンペッタン搗いてる。
もちもち。

満月の輝き。
灯りを消せば、部屋の中は蒼い海。
海の底で聞こえてくる音楽。
I DANCE ALONE

満月は夜の太陽。
星たちはその輝きに夜空を任せ、ひっそりと眠る。
いつもひとりぼっちの満月。
お元気ですか?

昔々、燃えるように暑く軟らかな惑星に大きな隕石がぶつかったとさ。
弾かれ千切れた星の一部は、宇宙へ飛び出しました。
寒い寒い宇宙。
凍えて固くなってしまった子供。
人は彼を月と呼ぶ。
離ればなれになってしまった子供は寂しくて、今でも母親の周りをくるくると回っている。
少し悲しい昔の物語。

かつてアメリカ人が月に立った時、月を神の家と信じていた素朴な心の人たちは何を思ったのだろう?
彼らは神を失い、僕らはウサギを失った。

それでも僕らは夜空を見上げる。
まんまるだから。
難しい理由なんて、ひとつもいらないのさ。
月明かりはまるで恋模様。

Fly me to the moon
And let me play among the stars
Let me see what spring is like
On Jupiter and Mars
In other words hold my hand
In other words darling kiss me

Fill my life with song
And let me sing forevermore
You are all I hope for
All I worship and adore
In other words please be true
In other words I love you

君が歌ってくれるなら、約束するよ。
「月の見える丘で会いましょう。」


↑1読につき1クリックお願いします。
スポンサーサイト

スレッド:小さな幸せ // ジャンル:ライフ

徒然日記 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[221]Not Subject

まんまるでしたねえ。
満月をまたいつの日か、一緒に見ましょうね。
散り散りになった星達は、仲間求めてさまよってます。

Fly me to the moon
この曲を聞くと涙が出ちゃいます。
いろんな思いが詰まってますから。
05.03(Thu) // 投稿者(えとわーる★) // 編集 // Top

[222]Not Subject

うむ。
また見よう。
でもFly me to the moon は彼氏に歌ってあげるんだよ。
恋の歌だからね。
05.04(Fri) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

Fly me to the moon のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/124-7fa3d199