No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/19-e2b6961d

No. 19 (Wed)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 28

悪くないかも

まだ残暑厳しい西日本と違って、東京は秋が深まっていますね。
初秋のころ、長袖の服を着ると訳のなく幸せな気分になります。

さて、今回は学生時代の友人(新婦)の結婚式へ出席するため、京都に行ってきました。
友人の結婚式に出席するのは初めて。しかも、神前式に到っては見るのも初めて。わくわくしながらも、多少緊張の面持ちで京都駅に降り立ちました。

用意されたホテルに着くと一服する間もなく、すぐにバスに乗って式場へ。
場所は世界文化遺産である下鴨神社。
「ありがたや、ありがたや」と周りをキョロキョロ見物していると、どうぞどうぞと親族控え室に通されました。

するとそこには白無垢を着た新婦がちょこんと座っていました。
一目見てびっくりしました。
これがもう~、本当に可愛いんです!
新婦は小柄で、かつ目鼻立ちは控えめの童顔(小顔)ちゃん。
まるで白無垢を着る為に産まれてきたかのような女性です。
もうその可愛さに、思わず連れ去りたくなりましたが、そこはグッと我慢、我慢。
お茶をグビリと飲んで心を落ち着かせ、写真をパチリ。
頭をカメラマンモードに切り替えれば、煩悩も消えるってもんで。

そして式は始まり、例の『ポヘ~・ピ~・プ~』という雅楽の音色に合わせて神主の呪文や三三九度が行われました。
そこまではテレビなんかで見てたのでなんて事なかったのですが、びっくりしたのが、神前式でも指輪の交換をすること。
『う~ん。なんか変な感じ』と思うのは僕だけでしょうか?
だって、三三九度でちゃんと夫婦の契りは交わしたし、そもそも指輪の交換は西洋の風習では・・・。
それでええんか、下鴨神社!とまぁ、右翼的頑固オヤジのような疑問も持ちましたが、僕は無事に初体験終了しました。

それにしても白無垢って素敵ですね。
「結婚式なんで面倒だからやりたくない!」と断固たる決意を持っている僕ですが、自分のお嫁さんがあんなに綺麗になるならやってもいいかもとグラッときちゃいました。

女性の皆さんとしてはドレスと白無垢、どちらのほうが着てみたいもんなんですかね?

ところでひとつ皆さんにお尋ねしたいことがあります。
仏教式の結婚式に出席したことがある人はいますか?
もしいれば、どんな形式なのか解説をお願いします。

追伸:『金沢見聞録』の連載はなかなか大変だったので、今回の旅の話は気が向いた時に、ぽつりぽつりと書きます。悪しからず。
スポンサーサイト
徒然日記 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

悪くないかも のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/19-e2b6961d