No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/201-734efb31

No. 201 (Thu)
dayline

Date 2010 ・ 04 ・ 15

新世界

僕はアイロンがけが好きです。
最近は滅多にシャツを着ないので、とんとご無沙汰。
でも、たまにやると、やっぱり素敵な儀式です。

ところで、今日はそんな愛すべきアイロンがけに別の顔をみました。

僕の中のアイロンがけとは、『静』の極みに位置する行為です。
ベストな日時は、4月の晴れた日曜日、午後3時。
掃除を済ませた部屋で、緩く流れる時間を噛み締めつつ、干したての洗濯物のシワをご作法に則って丁寧に伸ばす。
一つの様式美を持った、ある種の儀式や芸能と言っても良いようなものです。

しかし、こんなアイロンがけの世界があったとは・・・。


↑何やってるか分かりました?

ではもう一本。



チョ~格好いい!
まさかアイロンがけに、こんな『動』の世界があったとは!
これは『Extreme Ironing』(エクストリーム・アイロニング)というイギリス発祥の競技だそうです。
何を馬鹿な?
僕もそう思い、ちょいと調べてみました。
するとどうでしょう。
世界大会が行われるほどの競技人口がいるようです。
主な競技国は欧米ですが、なんと日本にも競技者はいるようです。
そしてちゃんと日本の競技者団体EIJ(エクストリーム・アイロニング・ジャパン)までもが存在しています。

これです↓文章は長いですが、笑えるので面倒くさがらずに最後まで読んでみてください。
エクストリーム・アイロニング・ジャパンHP

どうしよう。
惹かれる。
だって『そこにシワがあるから。』なんて台詞を聞かされたら・・・。

ちなみにこの競技者は『アイロニスト』と呼ばれます。
四国を白装束で旅する『オヘンローラー』以来の衝撃です。
だって、iron(アイロン)とirony(アイロニー)のかかった英国式駄洒落ですよ。

まずい、このままでは入会してしまう。
誰か僕を止めて下さい!
スポンサーサイト
徒然日記 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

新世界 のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/201-734efb31