No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/44-5add1a56

No. 44 (Sat)
dayline

Date 2006 ・ 01 ・ 21

当たり前だのクラッカー

今日の日本列島は、各地で雪が津々と降り続けています。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

僕は昨夜から一気に『国歌の品格』を読んでみました。
この本は正直に言って、目から鱗が落ちるといった内容ではありません。
でも当たり前の事を、きちんと丁寧な文章で分かりやすく書いてあります。
さすがは有能な数学者です。

皆さんは疑われるかもしれませんが、僕はこの本に書かれている内容とほぼ同じことを、22,3歳の頃には自らの思考で練り上げてありました。
これは僕が著者と同じレベルのIQを持っているといことではなく、著者が展開する論は普通の人なら持っている当たり前の思考だということです。

きっと江戸時代の人がこの本を読んだら、
「おめぇさん、そんなこと当たり前じゃねえかい。子供だって知ってらぁ。それよりも、近松門左衛門の芝居観たかい?悲恋だぜ~。俺は涙が止まらねぇよ。」
という感じになることでしょう。

こういう内容の本が、本屋さんで平積みで売られるというのは、それだけ社会全体がおかしくなっているということですね。
『バカの壁』や『ロハス』だってそうです。
ただ救いは、『国家の品格』なんていう硬いタイトルを読もうとする人間も沢山いるということ。

現在の日本人の40代以上はバブル経済というシャブを打って、脳みそがプリンのようになってしまった世代です。
そんなシャブ中世代に育てられた僕達は、脳みそがフルーチェでできている世代です。
でも「プリンやフルーチェでは生きてゆけない」と気付いている人が多い世代だということも確かです。
これから子供を作り育ててゆく僕らが、世界を立て直せる最後の世代でしょう。
ここで駄目だったら、一旦焼け野原に戻してから再出発しか手は無くなっちゃいます。

う~む。頑張らなくちゃ。

最後に、言い忘れましたが、とってもいい本です。
数学者的な視点が、説得力と分かりやすさを荷なっています。
たぶん読書が苦手な人でも、4時間くらいで読めます。
対象年齢は15歳~。


↑1読につき1クリックお願いします。
スポンサーサイト
徒然日記 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

当たり前だのクラッカー のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/44-5add1a56