No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/56-c15f906f

No. 56 (Tue)
dayline

Date 2006 ・ 04 ・ 04

犬は月を見て笑う

前に26歳は『何ごとも基本に忠実に』という方針で行くことを書きました。
そのような心持ちで臨んだ撮影のポジが、今日あがりました。
結果はなかなか好評。
仕事で撮った写真を褒めてもらえたのは、凄く久しぶりの事です。

ところで、その基本とは一体何ぞやといいますと、『まずは自分が格好いいと思う写真を撮ること』です。
当たり前のことのようで、これがなかなかどうして難しい。
ご存じの方も多いと思いますが、僕はずっと女の子の写真ばかり撮っていました。
それがひょんな切っ掛けで、新建築という建築写真の中でも、最もコアな世界に飛び込んでしまったのです。
はっきり言って、完全なアウェー。
しかもチームメイトのプレイスタイルも全然違う。
まるでプレミアリーグに移籍してスランプに陥った、中田のような状況でした。

でも中田よろしく、やっと僕も調子が出てきました。
やっぱり物を作る人間は、己の美学に沿って行動しないといけませんね。

それにしても、自分が良いと思って撮った写真を他人にも気に入ってもらえると、本当に嬉しいものですね。
誉められても、クールにきめて「ありがとうございます。」といっているつもりなのですが、顔はなぜかニコニコしてしまう。

僕は『犬のしっぽ』のような人間だと、つくづく思いました。
嬉しいことがあると、プルプルッと回っちゃうんです。

まぁ、そんな訳で今夜は自転車で帰りながら、ニヤニヤしておったわけでございます。


↑1読につき1クリックお願いします。
スポンサーサイト
徒然日記 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

犬は月を見て笑う のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/56-c15f906f