No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[56]Not Subject

きれいな詩なんだけどどうしても男としては、エッチな本を想像してしまいます。
 男性の方そう思ってしまいませんか。
今なら上手く隠せる自信があるんですが・・・。当時は、母親が部屋の掃除をしてくれて、よくわざとらしく目立つところに積まれてましたっけ(汗)
 せっかくのセンチメンタルな詩を汚してごめんなさい。
06.21(Wed) // 投稿者(がい) // 編集 // Top

[57]Not Subject

ジャンル:小説・文学 ですか。

ふむ。
恋ですか。迷いですか。怒りですか。
がいさんの言う様にやはり男の子の本ですか。
06.21(Wed) // 投稿者(wakako) // 編集 // Top

[58]Not Subject

いいね~。
いい想像力だ。
思いの依らぬ方向に話が。
最高!

言われてみれば、たしかにエロ本の話しに聞こえる。
完璧に当てはまるね。

うむ、じゃあそういう話しだったという事で。

ところで、なんで母親の対応はどこも一緒なんだろう?
学校から帰ると、ドド~ンとエロ本が机の上に!
男なら誰しもが通る道だな。
青いね~。
06.21(Wed) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

[59]Not Subject

がい君>
さっきのコメントに名前入れ忘れた。
すまん、すまん

wakakoさん>
そう!立派な文学であるぞよ。(条件:深夜のみ)
そして思春期の少年にとっては、文学や小説よりも男の子の本の方が遥かに大切なのだよ。

ちなみに『それ』が何かはまだ片付いていないから、謎ですな。
ちょいと、我が家にコナン君か金田一少年を派遣してくれんかね。
06.21(Wed) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

[60]Not Subject

ずばり!

恋文でしょう!!(丸尾スエオです。)
06.21(Wed) // 投稿者(やあまん) // 編集 // Top

[61]Not Subject

丸尾君>
当らずとも、遠からじ!
さすが学級委員長ですな。
06.21(Wed) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

[70]Not Subject

私も部屋を掃除して
どど~んと机の上に積む日がやってくるんでしょうか(汗
06.30(Fri) // 投稿者(-) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/75-105d4c24

No. 75 (Wed)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 21

ご想像にお任せします

思春期の終わりと共に、きちんと箱に入れて押し入れの奥に仕舞った筈のモノ。
それがいつの間にやら、部屋の真ん中に散らばっている。

思案する。
果たして昔の自分は、こんなモノをどうやって仕舞ったのか。
きちんと整頓して、箱にスッキリと収めて仕舞ったのか。
それとも無理矢理に押し込めて、箱の蓋をテープでグルグル捲きにして仕舞ったのか。

いやいや、僕はもういい大人なのだから、あの頃よりも更に上手にできる筈だ。
いろいろ経験を積んで、沢山の技を身に着けているからね。
誰しもそう思うかもしれない。
でもね、出来ない・・・、何故か。

本来は箱に入って仕舞われている筈のそれら。
冬の朝のように透き通った水色、夕焼けに照らされた草原の黄金色、満月の青、血よりも濃い赤、未来よりも明るい黒、過去よりも暗い白。
10代に頃は、そんな色とりどりのモノたちの事ばかり考えていた。
毎日毎日。

ちゃんと仕舞ったはずなんですよ。
おかしいですね。
参ったな。
また最初から整理のし直しなんだろうか。
参ったな。

やれやれ。
ほんと・・・、参った。

一人じゃ無理かもね。
誰かに手伝ってもらいたいな。

うん、君だ。
やっぱり君が適任だ。
どうだろう?手伝ってもらえるかな?

それで夕暮れまでに上手く片付いたら、懐かしい友達を沢山呼んで、綺麗になった部屋でパーティーをしよう。
悪くないだろ?

ん?結局散らかした犯人は誰かって?

もちろん僕さ。


↑1読につき1クリックお願いします。
スポンサーサイト

スレッド:おはなし // ジャンル:小説・文学

徒然日記 // コメント(7) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[56]Not Subject

きれいな詩なんだけどどうしても男としては、エッチな本を想像してしまいます。
 男性の方そう思ってしまいませんか。
今なら上手く隠せる自信があるんですが・・・。当時は、母親が部屋の掃除をしてくれて、よくわざとらしく目立つところに積まれてましたっけ(汗)
 せっかくのセンチメンタルな詩を汚してごめんなさい。
06.21(Wed) // 投稿者(がい) // 編集 // Top

[57]Not Subject

ジャンル:小説・文学 ですか。

ふむ。
恋ですか。迷いですか。怒りですか。
がいさんの言う様にやはり男の子の本ですか。
06.21(Wed) // 投稿者(wakako) // 編集 // Top

[58]Not Subject

いいね~。
いい想像力だ。
思いの依らぬ方向に話が。
最高!

言われてみれば、たしかにエロ本の話しに聞こえる。
完璧に当てはまるね。

うむ、じゃあそういう話しだったという事で。

ところで、なんで母親の対応はどこも一緒なんだろう?
学校から帰ると、ドド~ンとエロ本が机の上に!
男なら誰しもが通る道だな。
青いね~。
06.21(Wed) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

[59]Not Subject

がい君>
さっきのコメントに名前入れ忘れた。
すまん、すまん

wakakoさん>
そう!立派な文学であるぞよ。(条件:深夜のみ)
そして思春期の少年にとっては、文学や小説よりも男の子の本の方が遥かに大切なのだよ。

ちなみに『それ』が何かはまだ片付いていないから、謎ですな。
ちょいと、我が家にコナン君か金田一少年を派遣してくれんかね。
06.21(Wed) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

[60]Not Subject

ずばり!

恋文でしょう!!(丸尾スエオです。)
06.21(Wed) // 投稿者(やあまん) // 編集 // Top

[61]Not Subject

丸尾君>
当らずとも、遠からじ!
さすが学級委員長ですな。
06.21(Wed) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

[70]Not Subject

私も部屋を掃除して
どど~んと机の上に積む日がやってくるんでしょうか(汗
06.30(Fri) // 投稿者(-) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

ご想像にお任せします のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/75-105d4c24