No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[102]Not Subject

一生そうやって、恋してなさい。
一生、独身ですから(笑
08.04(Fri) // 投稿者(かや) // 編集 // Top

[103]!!!!!

あたしもつい最近『一日一恋』の話を友達としていました!!

…なのでビックリです(笑)
08.04(Fri) // 投稿者(★pokke★) // 編集 // Top

[104]Not Subject

なかボンらしいわ!!
ホント、文章にするのがうまいのね~と感心。
私も中山流、恋をしたいわ~。
あっ、毎日コウキに胸キュンしてましたわv-238

けどさぁ、実際彼女ができて
それでも、他で胸キュンされたりすると
彼女はかなり心配なのでは??
この日記、彼女には読ませないほうがいいねー
08.04(Fri) // 投稿者(514) // 編集 // Top

[105]Not Subject

カヤちゃん>
ううっ!鋭い一言やね。
いやいや、でもK氏の言うように、一恋が二恋、三恋と重なって
恋人ができるはず。
そして嫁さんになったら、毎日その子に一恋すればいいのさ。

pokkeちゃん>
そういうことってあるよね。
偶然の一致。
それをシンクロニシティーと呼びます。

514さん>
そうですね~。
普通なら、恋人が出来たら問題になりますよね。
でも、今までの恋人は皆さん寛大でした。
なぜ許してくれていたのか?
それはきっと、俺という男をきちんと理解して、信用してくれていたからでしょう。
でも別の言い方をすれば、諦めてたってところでしょうか・・・。
まぁこういう俺を好きになってくれる人を探しますよ。
その為に、俺という人間像を開けっ広げにしているのだから。
08.05(Sat) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

[106]Not Subject

私も、なかぼん風にいえば毎日
恋してるかもなーーー!

あっ!あのこかわいい!

とか!

女からみても、かわいい女の子はじっと

みつめてしまいます・・

あれ!?大丈夫かいな!?私!
08.07(Mon) // 投稿者(あまん) // 編集 // Top

[111]Not Subject

あまんさん>
僕はあまんさんを見つめていました。
でも気付かずに、今の旦那の元へ!
うううっ(涙)
特にトートバックの中に、ペンタ67を入れている持ち歩く男前度がとっても素敵でした。
あれ?褒め言葉になっていませんか?

ところで、思いだしてみてください。
小久保先生も可愛い女の子が好きだったじゃないですか。
きっと小久保研は、みんなそうなんですよ。
可愛らしい子を見ると、目がハート。
それが素敵な写真を撮る秘訣だったりして。
08.08(Tue) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/87-f46b9705

No. 87 (Fri)
dayline

Date 2006 ・ 08 ・ 04

中山君の弁明、再び

今日の関東地方は大平洋高気圧に覆われて、夏の到来を感じられた方も多いのではないでしょうか。
嬉しいですね、夏。
わくわくしますね、夏。
そして恋の季節ですね、夏。
とは言うものの、僕は別段夏が恋をしやすい季節だとは思っていません。
なぜならば、僕は365日恋をしているからです。

僕は今年の下半期の標語として、『一日一恋』という名言を開発しました。
我ながら、良くできた四字熟語であると自負しています。

ん!?
何やら色々な所から、「ただの開きなおり軟派宣言ではないか!」というブーイングが聞こえてきますね。
まぁそう尖らずに、僕の弁明を聞いてください。

ここに書いた『恋』というのは、必ずしも現実的な関係性を築こうとするのもではありません。
例えば立ち寄った喫茶店の女の子が、とても素敵な笑顔で挨拶をしてくれた。
そして僕はちょっぴり幸せな気分になる。
これで一恋。
その程度のことです。
そこで、「素敵な娘さんだ。口説いてみよう。」とはなりません。
それは僕の求める『一日一恋』の主旨とは、全く違うものですから。

皆さんもご存じの通り、僕は天下無双の女好きです。
でもそれは、恋愛的に気が多いという意味ではありません。
女好きの本流を行く僕に言わせれば、所謂プレーボーイと呼ばれる人は女好きの風上にも置けない外道となります。
プレーボーイとは女性を所有することが好きなだけで、本質的に女性を好いている訳ではないのです。
本当の女好きならば、女性を悲しませたりしませんから。
僕の言う女好きとは、『女性が持つ、特有の可愛らしさを、愛でる気持ちが強い。』ということなんです。

要するに『一日一恋』とは、日々の中でのささやかなる『愛でる感情』を育てようという意味なのです。

そういう意味での恋なので、その対象は恋人、友人、知人、果てはあかの他人まで、際限なく広がってゆきます。
例えば、今日の一恋の相手は、電車で席を譲ったお婆さんです。
小柄で柔和な顔だちをしたそのお婆さんは、物腰も容姿に合った柔らかさで、僕のお嫁さんもこんなお婆さんになって欲しいなという憧れを持たせてくれました。
昨日は昨日で、憶えたてのメールで頑張って絵文字を使う母親を、可愛らしいなとも思いましたし。
そうかと思えば、一昨日はよく気が利く居酒屋の美人店員さんの笑顔にときめいてみたり。

ところで、この話しをK氏にしたところ、面白い答えが返ってきました。
「色々な人にランダムに一恋をしていって、そのうち何度も同じ人に一恋するようになったら、その人が本当の恋の相手だね。」というような内容でした。
それは確かに頷けますね。

塵も積れば山と成る。
そう願って、明日も『一日一恋』を実践してゆこうと思います。


↑1読につき1クリックお願いします。




スポンサーサイト

スレッド:想い // ジャンル:恋愛

徒然日記 // コメント(6) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[102]Not Subject

一生そうやって、恋してなさい。
一生、独身ですから(笑
08.04(Fri) // 投稿者(かや) // 編集 // Top

[103]!!!!!

あたしもつい最近『一日一恋』の話を友達としていました!!

…なのでビックリです(笑)
08.04(Fri) // 投稿者(★pokke★) // 編集 // Top

[104]Not Subject

なかボンらしいわ!!
ホント、文章にするのがうまいのね~と感心。
私も中山流、恋をしたいわ~。
あっ、毎日コウキに胸キュンしてましたわv-238

けどさぁ、実際彼女ができて
それでも、他で胸キュンされたりすると
彼女はかなり心配なのでは??
この日記、彼女には読ませないほうがいいねー
08.04(Fri) // 投稿者(514) // 編集 // Top

[105]Not Subject

カヤちゃん>
ううっ!鋭い一言やね。
いやいや、でもK氏の言うように、一恋が二恋、三恋と重なって
恋人ができるはず。
そして嫁さんになったら、毎日その子に一恋すればいいのさ。

pokkeちゃん>
そういうことってあるよね。
偶然の一致。
それをシンクロニシティーと呼びます。

514さん>
そうですね~。
普通なら、恋人が出来たら問題になりますよね。
でも、今までの恋人は皆さん寛大でした。
なぜ許してくれていたのか?
それはきっと、俺という男をきちんと理解して、信用してくれていたからでしょう。
でも別の言い方をすれば、諦めてたってところでしょうか・・・。
まぁこういう俺を好きになってくれる人を探しますよ。
その為に、俺という人間像を開けっ広げにしているのだから。
08.05(Sat) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

[106]Not Subject

私も、なかぼん風にいえば毎日
恋してるかもなーーー!

あっ!あのこかわいい!

とか!

女からみても、かわいい女の子はじっと

みつめてしまいます・・

あれ!?大丈夫かいな!?私!
08.07(Mon) // 投稿者(あまん) // 編集 // Top

[111]Not Subject

あまんさん>
僕はあまんさんを見つめていました。
でも気付かずに、今の旦那の元へ!
うううっ(涙)
特にトートバックの中に、ペンタ67を入れている持ち歩く男前度がとっても素敵でした。
あれ?褒め言葉になっていませんか?

ところで、思いだしてみてください。
小久保先生も可愛い女の子が好きだったじゃないですか。
きっと小久保研は、みんなそうなんですよ。
可愛らしい子を見ると、目がハート。
それが素敵な写真を撮る秘訣だったりして。
08.08(Tue) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

中山君の弁明、再び のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/87-f46b9705