No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[137]Not Subject

きれいな写真だ~
09.23(Sat) // 投稿者(とり) // 編集 // Top

[138]Not Subject

とりさん>
ど~も。
うん。俺ってやっぱり天才やね。
09.23(Sat) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/95-f6d42d99

No. 95 (Fri)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 22

不意の出来事

先程、NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』を観ていました。
今日のゲスト出演者は、WHOメディカルオフィサーの進藤奈邦子さんでした。
彼女は感染病拡大防止を専門としていて、SARSや鳥インフルエンザの封じ込めに奔走しています。
まぁ詳しくはこちら↓http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/060921/index.html

この放送を観ていると、不意の出来事が起こりました。
番組後半でのインタビュー部分で、不意に涙が湧いてきたのです。(潤んだ程度ですが。)
けれど、彼女の語る言葉に感動したという訳ではなさそうです。
その証拠に、その時彼女が何と言っていたかを、全く憶えていません。
一体彼女の何が、僕の心を揺さぶったのか?
それはきっと、『目』ではなかろうかと思っています。

そのインタビュー時だけではなく、全編を通して、彼女の目が気になっていました。
僕の表現力では正確に表せないでのすが、敢えてそれを試みると『魂のこもった瞳』といったところでしょうか。(月並みな表現ですね。やれやれ。)
信念を・・・、いや、信じるに値するものを持っている人間特有の目です。
それはかつて出会った、何人かの人達と同じ目でした。

人間は輝いている瞬間の、自分の目を見ることは出来ません。
僕は一体どんな目をしているのか?
この人と同じような目であることを祈るばかりです。

残念ながら、今日の記事はここまで。
たいしたオチは無しで終わるようです。
お詫びの印に、僕が最近撮った写真の中でお気に入りの一枚を公開します。
どうかこれでお許しを。
それでは皆さん、おやすみなさい。

20060922002805.jpg



↑1読につき1クリックお願いします。
スポンサーサイト

スレッド:写真にコトバをのせて // ジャンル:写真

徒然日記 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[137]Not Subject

きれいな写真だ~
09.23(Sat) // 投稿者(とり) // 編集 // Top

[138]Not Subject

とりさん>
ど~も。
うん。俺ってやっぱり天才やね。
09.23(Sat) // 投稿者(なかぼん) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

不意の出来事 のトラックバックアドレス
http://nakabon.blog64.fc2.com/tb.php/95-f6d42d99